【New!!】

 

 次の映画は、アフリカにある「 ウガンダ 」を舞台に制作いたします。

 

 

2017年12月の視察を終え、

 現在、現地での本編の撮影を予定しております。

 

 



撮影場所

ウガンダ共和国

  • 面積:241,038 km² (日本の本州ほど)
  • 首都:カンパラ
  • 大統領:ヨウェリ・ムセベニ  (1986年〜)
  • 通貨:ウガンダ・シリング
  • 人口:4032万 人 (2016年)

ウガンダ共和国、通称ウガンダは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国です。

東にケニア、南にタンザニア、南西にルワンダ、西にコンゴ民主共和国、北に南スーダンとの国境に囲まれた内陸国です。

首都カンパラを中心とした都市部は急速に発展していて、高層ビルが立ち並び、車も人も多く行き交っています。

 

【アフリカの真珠】

ウガンダは自然に恵まれ、野生動物や緑が自然が見られる。国土の大半がの地域が標高1000メートリを上回り、1年を通して気温は20度〜30度です。

 【20年以上続いた内戦】

1986年にムセベニ現大統領が軍事クーデターで就任後、「神の抵抗軍(LRA)」と呼ばれる反政府ゲリラが内戦を活発化させました。特に北部の地域では、20年以上に渡る紛争が原因でインフラの整備や社会サービスといった社会の基盤が大きく遅れています。そのため、中部・南部の地域との地域格差の問題が生じているということが現状です。

生まれてはじめての映画上映を

ウガンダのカンパラに映画館があります。

そこに来られるのはお金のある都市部の人や観光客がほとんどの状況があります。

都市部から少し離れるとそこには小さな村が点々とあります。

 

そのような村には

映画というものを知らない子供たち・大人たちも多くいます。

 

そのような村で子供たちと映画を製作し、

「はじめての映画上映会」をしていきたいと思っております。

 

写真は

<2017.12 ウガンダ カコーコ村にて>